ライススタイル

怒るのをやめると魅力的な人間になれる│怒らない方法とは?「怒る」と「叱る」の違いについて

こんにちは、ラフィです

みなさん腹を立てて感情をぶつけてしまったことはありますか?

私はあります。ほとんどの人があると思います

その結果はどうでしたか?

「恋人と別れた」「夫婦仲が悪くなった」「部下から慕われなくなった」

そんな人を私はよく見てきました

怒るというのはその場ではストレスを発散できるかもしれませんが、その後の人間関係を考えると十中八九いいとは言えません

私は怒るのをやめました。その結果、魅力的な人間になれたと思っています

今回は怒らないとなぜ魅力的な人間になれるのか、怒らないようにするにはどうすればいいかという話をしていきます

「怒る」と「叱る」の違いについて

 

「怒らないと魅力的になれる」「怒らない方法」を話す前に「怒る」と「叱る」の違いについて話したいと思います

ここを一緒にしてしまうとこれからする話が誤解されてしまう可能性がありますので

「怒る」の意味

 

1 不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表す。腹を立てる。いかる。
2 よくない言動を強くとがめる。しかる。

出典:goo国語辞書

 

 

「叱る」の意味

 

目下の者の言動のよくない点などを指摘して、強くとがめる。

出典:goo国語辞書

 

 

「怒る」の意味に「叱る」という言葉が入っており、同じ意味としても使うことができます

上記引用の「怒る」の2と「叱る」の意味は一緒ですね

つまり「怒る」のうち「よくないことをとがめる」ことが「叱る」という意味になります

私のしっくりくる解釈としては

「怒る」は腹を立てて感情をぶつけること(自分のため)

「叱る」は間違いを注意・指導すること(相手や他人のため)

会社では部下に対して、家庭では子どもに対して

叱っているつもりが、怒っていることがあるのではないでしょうか

「怒る」と「叱る」は言葉の意味だけではなく、実際の行動に関しても混同しやすいので注意したいですね

怒るのをやめると魅力的な人間になれる

 

みなさんは怒っている人を見てどう思うでしょうか

私は大体の場合自分のことしか考えてないなと思ってしまいます

怒っているときは感情的になっているため周りが見えなくなってしまうから

自分を客観的に見れなくなってしまいます

「なんで私だけ」なんて思ってることがそうでなかったりするんですね

相手が自分のためを思ってやってくれたことに対して、怒ってしまうなんてことは最悪です

冷静でないとそんなことって結構あります

全く怒らない人なんていない

世の中にはあまり怒らないなって思う人っていますよね

そんな人でも家族に対しては結構怒ってたりする

全く怒らない人なんてこの世にいません

自分勝手な印象を与える怒るという行為は

それだけで相手に不快な感情を抱かせてしまいます

だから怒らないだけで魅力的な人間に見えるんです

相手や他人のために叱ることは必要

あまり怒らない人の特徴として「他人に期待も興味もない」というのがよくあります

このような人は他人を叱ることはほとんどないでしょう

そうすると「ただ怒らない人」になってしまいます

ナチュラルに怒らないのと、意図的に怒らないのは全く違うのです

「怒る」のはやめたほうがいいけど、「叱る」ことはとても大切

他人に期待をしない方がいいなんて話よく聞きますが、私はそんなことはないと思います

期待は大いにしましょう、そのかわり期待に応えてくれなくても怒らないのです

そうすればあなたの魅力は何倍にもなります

怒らない方法

 

怒らないようにしようと思えば思うほど怒ってしまったりしますよね

そんなときは怒らないのは何のためか考えましょう

アドラー心理学には「原因論ではなく目的論」という考え方があります

これは原因には意味がなく目的が大切ということです

例えば、店員の対応が悪くクレームをつけている人がいます

クレームをつけている人は「店員の対応が悪いから」といいますが、これは原因です

この人の目的は「イライラをぶつけてストレスを発散すること」にあります

相手が店員ならまだいいですが、普段から接する人だったらどうでしょう

その場はストレスを発散できますが、その後の人間関係は悪化します

ストレスを発散するのを目的としてはいけません、いい人間関係を築くことを目的として行動しましょう

怒ると損をすると考えれば自然と腹立たなくなりますよ

 

大切なのは相手のためになっているかどうか

 

怒るのはダメ、叱るのは大切という話をしましたが

安易に叱ればいいんだと思うのは危険です

極端な話をすると

感情にまかせて怒鳴り散らしても相手のためになっていればやったほうがいいし

相手のためを思って注意しても相手のためになっていなければやらないほうがいいんです

本当に大切なのは「怒る」と「叱る」の違いではなく、相手のためになっているかどうかです

叱ったとき、本当に相手のためになっているか冷静に考えるくせをつけましょう

そこを間違えずに行動できる人が本当に魅力的な人だと思います